摂津守のブログ

過去に喜楽さんのサイト 別に摂津守の御内だす のブログを 持ってました 摂津守から記事を移動中

タグ:李如松

bikkuri_me_tobideru_man - コピー
今回の話題にぴったりなので いらすとやさんからお借りしました


西暦1592年の4月から文禄の役が始まります

5月初めに朝鮮国の首都を陥落させ、
引き続き小西行長軍が現在の北朝鮮の首都に進軍し、
加藤清正も同じく現在の北朝鮮の咸鏡道に
進撃していきました

続きを読む

前回、平壌攻防のことを記事にしたのですが、
戦闘場面は省略したので、
今回は李朝実録にある平壌攻防の記事にします

この戦いは本格的な明軍介入の初めての大規模な
戦いであり、騙し討ちでありながらもこれも初めて
日本軍の1軍を破ったものでありながら、
一般書籍では詳細は殆ど記されていない戦いです

続きを読む

文禄2年(1593) 11月03日に、
加藤清正軍と明軍、朝鮮軍が合戦をしています

この時期は、小西行長と明の沈遊撃との間で
明側が2名の人質をだして日本に赴いて
和平を乞うという形で協定が結ばれたので、
日本軍は釜山周辺に集結していました

aa55b8zhhxbrtcytsvuf-c19420ec

続きを読む

おはようございます

明けましておめでとうございます&主の
ご降誕おめでとうございます

22日の カンガス 神父 の黙想会のあとは、
24日の降誕祭、その後のお祝い会と25日の御ミサ、
1月1日の神の母聖マリアと続きました

では今日の内容は
文禄2年(1593)の1月7日の平壌城の戦い

53000の明・朝鮮軍が小西行長が守る平壌城に
攻城戦をしかけます

小西行長が、日本人の習慣から見れば
いとも卑しい行為と言った状態で戦闘になったこと、
明・朝鮮軍の大きな損害、城内の建物や民衆の被害など、
これらのことを中国、韓国(朝鮮)に慮るためか
あまり詳しく伝えられることも少ない気がするので、
今回は平壌攻防を記事にします


続きを読む

このページのトップヘ