摂津守のブログ

過去に喜楽さんのサイト 別に摂津守の御内だす のブログを 持ってました 摂津守から記事を移動中

タグ:フロイス

朝鮮通信使のウキペディアには、天和2年(1682)に
派遣された第6回の通信使たちの素行の悪さが
記されています。(注:1)

しかし、天和2年より46年前の皇紀2296年・寛永13年(1636)の
朝鮮王・仁祖時代、第4回通信使の品行に
ついて記された記録もあります

朝鮮側の記録である海槎録に記されています

これは知られていないので、
ご紹介しましょう
続きを読む

天正20年(文禄元年・1592年)の3月~4月に、
日本を平定した豊臣秀吉が、大規模な海外遠征、
すなわち明国を征討を目指した 【唐入り】 が始まります

その際に、明国討伐の途上にある李氏朝鮮国は、
明国の属国であったことから秀吉軍と戦いになります

続きを読む

天正20年(文禄元年 1592 )に豊臣軍は、
朝鮮各地の城を陥落させて、ついに首都、
漢城に無血入城します。

太閤秀吉は、自身も朝鮮へ渡海するべく、
在朝鮮の諸将に、首都漢城までの道のりに城を普請、
整備するように指示をだします

続きを読む

1593年1月7日に明・朝鮮連合軍は平壌を攻撃し、
3000人の損害をだしたものの城を奪回します

明軍指揮官李如松は、勢いに乗り漢城まで
落とすと豪語して南下します

しかし、1月27日に碧蹄で秀吉軍の反撃に遭い
敗北してしまいます

明軍の損害は6000人ともいわれ、朝鮮の記録では
半分を失ったとも残っています

続きを読む

おはようございます

明けましておめでとうございます&主の
ご降誕おめでとうございます

22日の カンガス 神父 の黙想会のあとは、
24日の降誕祭、その後のお祝い会と25日の御ミサ、
1月1日の神の母聖マリアと続きました

では今日の内容は
文禄2年(1593)の1月7日の平壌城の戦い

53000の明・朝鮮軍が小西行長が守る平壌城に
攻城戦をしかけます

小西行長が、日本人の習慣から見れば
いとも卑しい行為と言った状態で戦闘になったこと、
明・朝鮮軍の大きな損害、城内の建物や民衆の被害など、
これらのことを中国、韓国(朝鮮)に慮るためか
あまり詳しく伝えられることも少ない気がするので、
今回は平壌攻防を記事にします


続きを読む

文禄・慶長の役では、朝鮮水軍と日本の水軍が
幾度となく水上戦を演じました

南北朝鮮では李舜臣が民族英雄として
尊敬されています

李舜臣が有能すぎて、日本の水軍将が
無能だったと韓国はもとより、
日本でさえそのように発言する学者も多いですが、
下記のようなことを言及する人は殆どいませんね。



続きを読む

このページのトップヘ