1593年1月7日に明・朝鮮連合軍は平壌を攻撃し、
3000人の損害をだしたものの城を奪回します

明軍指揮官李如松は、勢いに乗り漢城まで
落とすと豪語して南下します

しかし、1月27日に碧蹄で秀吉軍の反撃に遭い
敗北してしまいます

明軍の損害は6000人ともいわれ、朝鮮の記録では
半分を失ったとも残っています

続きを読む