摂津守のブログ

過去に喜楽さんのサイト 別に摂津守の御内だす のブログを 持ってました 摂津守から記事を移動中

文禄2年の4月~5月に、遠征軍は明国との使者との間で
休戦協定が締結されたので、漢城や江原道、
忠清道に駐屯していた部隊が一斉に朝鮮半島南部の
慶尚道の昌原、熊川、金海、釜山に移動しました




続きを読む

慶長2年9月19日に日本城の順天倭城の
小西行長軍13700名を攻撃するために、
主力の明軍と属国軍の朝鮮軍の混成軍、
すなわち右路軍が水陸から54556名を
以て攻め寄せます

続きを読む

文禄3年1月頃の遠征軍が統治している釜山、東萊の
様子を記した記事が宣租実録に記されています
続きを読む

安芸宰相こと毛利輝元が、
天正20年(文禄元年 1592年) 5月26日に李氏朝鮮、
慶尚道の星州から書状を認めています
続きを読む

韓国・北朝鮮では秀吉軍と戦った朝鮮官軍以外の部隊、
いわゆる義兵が民族抵抗の象徴として語られることが多いです
続きを読む

以前から記事にしたいと書いていましたが、
朝鮮の民衆は、味方であるはずの
朝鮮官軍、義兵、一般の朝鮮人、中国の明軍から
襲われて首を取られることが珍しくありませんでした

文禄-慶長の役 1592-1598 を通じて
この現象は続きました

その一部を紹介します
続きを読む

このページのトップヘ